BLOG

お部屋の配色 基本ルール | HAUS club design

こんにちは、インテリア担当です。
今回は室内の配色について少しお話をします。

お洒落な部屋づくりにカラーコーディネートは欠かせません。しかし、実際に家具や小物をいろいろ置いたらごちゃごちゃとした印象になってしまったという方もいると思います。
まず、色彩バランスの基本について覚えましょう。
色は部屋の印象を大きく左右します。どんな色を取り入れるか、どんな色と組わせるかが重要になってきます。以前にもブログで、室内の内装と家具の色の組み合わせが大事だというお話はしましたが、部屋の系統を決めてもその中で使える色はたくさんあります。

そこで、今日は二つのポイントを紹介します!

1.色は3色までにする
1つの部屋に配色する色は、3色までに絞ると統一感が出てまとまった印象になります。 
それ以上に色を使うとごちゃごちゃとした雰囲気に。 
この3色は、同系色にしたり、無彩色(モノトーン)に有彩色を組わせたり、同じ色味を違うトーンで揃えたり、同じトーン内で違う色味にするなど、様々な組み合わせ方法があります。

2.色の黄金比を使う
上記で話した3色を選ぶには、次の3つに分けて考えるとよいです。
ベースカラー:基礎となる色で、天井や壁などの一番面積が広い部分を占める色
アソートカラー:次いで面積が広い部分。床、建具、大型家具など
アクセントカラー:クッションや小物の色

そしてこの3つのカラーの組み合わせには黄金比があります。

部屋全体を100%とした時に、
ベースカラー70%、アソートカラー25%、アクセントカラー5%

これでまとめると、綺麗にまとまって見えます。

この写真ですと、ベースカラーがホワイト、アソートカラーがライトブラウン、アクセントカラーがブルーになっています。
そしてそこに植物のグリーンが少し入ると映えますね。
この配色割合を意識すると、部屋がぐっとまとまります。
ぜひ意識して部屋のコーディネートを楽しんでください♪

BLOG一覧へ戻る PREV NEXT
TOP > BLOG > お部屋の配色 基本ルール