BLOG

【インテリア術】流行と色の使い方 | HAUS club design

こんにちは、インテリア担当です。
気づけば師走…。あまりの早さに驚いています。
今年の終わりも近づいてきました。もう来月からは来年……ということで、2024年のことに目を向けてお話しようと思います。

ファッションに毎年流行りがあるように、色にも流行りがあります。

内装でいうと、ここ数年はグレイッシュカラーが流行っていた印象が強いです。グレイッシュとは、有彩色にグレーが混じった色です。ベージュにグレーを混ぜたグレージュが特に人気でした。以前はホワイトと木目カラーしかなかった室内扉も、近年はグレイッシュカラーやアースカラーが各メーカーから出ています。
落ち着いたトーンのコーディネートが非常に多かったです。
この色はまだまだ人気が続くと思いますが、メーカーによると今後はもっと明るいカラーが流行るのではないかとの予測もあります。白やベージュなどの明るい色で全体を整え、アクセントカラーで少し色味があるものを入れるのが多くなりそうです。

そして2024年、流行ると言われているのが、です。
青はいつでも人気がありますが、2024年から2025年にかけては様々な青が流行るようです。緑に近い青、紫に近い青などなど……。

しかし、内装に青を使ってみたいけど派手になったり暗くなったりしてしまわないかと不安でチャレンジできない……という方もいるのではないでしょうか。
色味として主張が強い青ですが、周りの色をしっかりコーディネートすれば、怖くありません。

周囲の壁や床の色をうまく合わせられるかがポイントになります。

写真一枚目の青は濃い色ですが、床や家具がナチュラルな色味で、壁・巾木・窓枠などを白で統一しているので非常に爽やかな印象になります。
そしてその他に主張が強い色を入れていないため、綺麗にまとまっています。
シックな色味の青を使いたいのであれば、もっと重厚感がある配色にする必要があります。
このように、周囲の色使いによってだいぶ変わります。

好きな色が派手だから、家には合わないかも……と思っている方も一緒にチャレンジしましょう。

青が流行ると言いましたが、家は一年だけ住むものではありません。何十年と住むのですから、流行りの色よりも自分の好きな色を優先すると、家作りはもっと楽しくなりますよ。

BLOG一覧へ戻る PREV NEXT
TOP > BLOG > 【インテリア術】流行と色の使い方