BLOG

【家作り体験談】リビングからトイレが見える家 | HAUS club design

みなさまこんにちは!HAUS club designのたかはたです!
お家づくり計画はいかがお進みでしょうか?

HAUS club designでは、よくあるお家づくりの失敗例を参考に、「後悔しないお家づくり」のポイントをご紹介させていただきます。みなさまのご参考になれば幸いです。

今回は後悔しないお家づくり
プランニング第五位 視線の失敗~をお届けします!

—————————————————————————

間取りで後悔したポイント ランキング

1  配線の失敗

2  収納の失敗 

3  広さの失敗

4  明るさ・温度、湿度の失敗

5  視線の失敗

間取りで後悔したポイントランキング

第5位 視線の失敗

家の中や外からの視線が気になるという失敗は、住むまで気付かないことも。
図面上を歩くつもりで、視界に何が入ってくるか想像しましょう。

~実際にあった視線の失敗例~

・うちのリビングの窓と隣のトイレの窓が向い合わせになってしまった。

・道路からリビングが丸見え。人通りが多いので、常にカーテンを閉める生活になってしまった。

・リビングからトイレが見えてしまい、友人や親が来た時に気まずい。

◇視線のチェックポイント◇

■隣家の窓と向い合わせになってしまうところはない?
■トイレや脱衣所のドアが開いているとき、玄関や外などから見えない?
■ソファやダイニングなどくつろぎの場所からトイレなどが目に入らない?

———————————————————————————–

いかがでしたでしょうか?家作りに後悔がないよう、是非上記のポイントはチェックしてくださいね
弊社では、無料間取り相談会を開催中です。
今お考えの間取り、ご不安があれば無料でチェックができます。
もちろん、1からのプランニングも無料です。お気軽にご参加くださいませ!

皆様にお会いできるのを楽しみにしております♪

BLOG一覧へ戻る PREV NEXT
TOP > BLOG > 【家作り体験談】リビングからトイレが見える家