BLOG

「年を重ねたからこそ」の住環境 | HAUS club design

こんにちは、松浦です。

いきなりですが、「年を重ねたからこそ」の住環境を考えてみましょう

家の中でのケガを防ぎ、生活しやすくするポイントや、
快適さをアップさせるヒントをご紹介します。

 みなさまに暮らしと住まいを快適にするためのちょっと役立つ情報をお届けいたします。今回のテーマは「年を重ねて考える住環境」です。
年を重ねると、ちょっとした油断でケガをしたり、掃除なども億劫になりがち。
少しでも快適に暮らせるヒントをご紹介します。

ケガなどのリスクを減らす住環境にする

・安全のため、床にモノを置かない、敷かないように心がける
 床にバッグや新聞などがあると、それにつまずいてケガをする恐れが。床以外に置き場を決めることで、床がスッキリするだけでなく、モノの定位置が決まり、探しモノも減らせます。モノを置く際、背伸びをしたり、無理にかがんだりしない位置に設定すると、なお良しですね。

 床にじゅうたんやラグを敷かない、座布団も置きっぱなしにしない、というのもポイント。
年を重ねると、床とじゅうたんの縁という、少しの段差でもつまずくことがあるそう。また、座布団を踏んで足を滑らせてしまう恐れが。温かみのある雰囲気は良いですが、ラグやじゅうたん、座布団がないことで掃除がラクになり、大きな敷き物の洗濯の大変さから解放されるといったメリットも。
検討の余地ありではないでしょうか?

重いモノは下に置く
 土鍋や大きな鍋など、重いモノを収納棚の上の方に置くと、出し入れの際に思わぬケガにつながる危険が。収納棚の下の方に置きましょう。ちなみに、よく使うモノは、
手の届きやすい腰から肩の高さに置くことで、無理なく使うことができます。

間取りや設備を見直して、より快適に
年を重ねて、リフォームを考える人もいるかもしれません。
どんな間取りや設備なら快適か、元気なうちに考えてみるのも良いですね。

段差のないバリアフリーが最適
 床に段差がないと、つまずきの心配がないだけでなく、掃除もしやすく、各段に動きやすくなります。
・手すりをつけるならプロに相談を将来、手すりをつけるなら、壁の補強をおすすめします。
 高さは身長によってもさまざま。歩行のためなのか、つかまり立ちのためのものなのか、用途にもよ るので、プロに相談してみるといいですね。

・寝室の環境と扉の仕様も検討をリビングはもちろん、将来の介護のことも考えて、寝室も日当たりが良いか、窓から緑が見えるか、など、住環境に配慮すると良いですね。
ほかに滑りにくいフローリングの採用や、ドアを開き戸から引き戸にすると、歩行のしやすさがアップ。万が一、車いすを使うことがあっても、引き戸なら開閉しやすいです。

動線をシンプルにする
 廊下をなくして、LDKや寝室から水まわりに直接行く間取りなら、ワンアクション減らせるので、動きやすさもアップします。特に、寝室のそばにトイレや洗面室を配置することはおすすめ。夜中、トイレに行きやすく、万が一、介護の際も寝室から浴室への移動がしやすく、介護の負担を軽減することができます。

たとえば、普段使いのバッグを置くなら、腰高くらいの位置だと、ムリなく取ることができ、中身の出し入れもしやすいです。玄関ホールに宅配の荷物などのモノを放置すると、出入りの際にじゃまになり、つまずきの一因に。届いたら、すぐにモノを出して片づけましょう。キッチンのコンロをIHにするのもおすすめ。着衣着火による重大な事故へのリスクを減らすことができます。


いかがでしたでしょうか?暮らしのちょっとした気づきが快適性を生み出すヒントになっていますね。
HAUS club designでは新築のご相談はもちろん、リフォームのご相談も受け付けております!
お気軽にご相談下さい!

さあ、自由な未来へ

BLOG一覧へ戻る PREV NEXT
TOP > BLOG > 「年を重ねたからこそ」の住環境