BLOG

子供には厳しくあれ | HAUS club design

責任者の有田です。
子供には厳しくあれ!なんの話?ですよね。

よく間取りのお話しを聞いていると
「子供には1人1部屋欲しい」なんてご希望をかなりの確率で聞きます。
でも大切にしたい時間は?と聞くと
「家族団らんの時間」ということも多く聞きます。

なんか矛盾を感じませんか?

はっきり言います。
大人が建てるので大人優先でいきましょう!
家族団らんは貴重な時間です。だったらLDKや共有スペースを広くとりましょう。
子供部屋はベッドが置ければ十分。共同部屋でもOK。
だってせっかく建てたのに子供が部屋にばっかり居たんじゃ嫌ですもんね。
一緒に居たいんだからしょうがないです。
自分に正直にいきましょう!

私は男4人兄弟の末っ子です。
2人で1部屋は当たり前。もちろん当時は1人部屋が欲しかったです。
じゃあ今も恨みをもっているか?そんな気持ちはさらさらありません。
兄のマンガも読めたし、喧嘩もしたけどそれも今となっては貴重な思い出です。
意外に大人になれば、ほとんどのことが良い思い出になり良い経験になっています。

また、土地探しも学校の近くが良い。
気持ちは分かります。
ただ学校に通うのも数年間なんです。
その家に住む数十年のうちのわずか数年のこと。
だったら子供には悪いけど、お金だすのは自分なので好きな場所に住みたいですよね。

たとえば
高崎大花火が良く見える場所で庭でビールが飲みたい!
自然環境豊かな場所でBBQとかしたい!
家庭菜園がしたいので広い土地がいい! などなど

家も土地も今後を一緒に過ごすパートナーになります。
大人の感性のマッチ度が重要です。

子供もいつかは大人になり、やりたいことをやるのはその時でも遅くありません。
やりたくないことも経験させるのが大人の役目なのかもしれません。
ただ、見守る目線は誰よりも優しく。

さあ、自由な未来へ

BLOG一覧へ戻る PREV NEXT
TOP > BLOG > 子供には厳しくあれ