BLOG

【くらしのコラム】冬を快適に!! vol.2 | HAUS club design

こんにちは。松浦です。

毎朝お布団と戦いながら身支度をしていると冬は苦手だな~と実感する今日この頃です……

この寒さですから体調管理など苦労している方が多くいると思います。
家と一緒に体も守りましょう(^.^)/~~~
乾燥しやすい時期は、特に風邪などに気をつけたいですね。
大切なポイントを押さえて、健やかにこれからのイベントを楽しめるようにしていきましょう‼

みなさまに暮らしと住まいを快適にするためのちょっと役立つ情報をお届けいたします。
今回のテーマは「風邪などの感染予防方法」です。

夏にインフルエンザやコロナが流行るなど、今や季節関係なく感染症に気をつける必要がありますね。特に冬は乾燥するので、ウイルスが広がりやすい環境にあります。
今一度、感染防止について考えましょう。

①マスクの正しい使用や

②咳エチケットで対策を

マスクは、完全に感染を防止するものではありませんが、咳やくしゃみを拡散させないアイテムとして広く使われています。
不織布マスクはプリーツタイプ、口まわりにゆとりのあるダイヤモンド型、立体型と、形も様々です。
つけるときは、事前に手洗いをしましょう。
ノーズワイヤーを鼻の形状に合わせて曲げ、すき間をつくらないことが大切。
両側の頬もすき間が出ないよう、顔に合うサイズを選びたいですね。

ここで、プリーツタイプのつけ方を詳しくご紹介。

①マスクを顔に持ってきて、鼻の形に合わせてノーズワイヤーを曲げてすき間を塞ぐ 
②マスクを片手で持ったまま、ゴムひもを耳に掛ける 
③マスクの鼻頭の部分を持ち、プリーツをあごまで伸ばしてフィットさせる

マスクを外すときは、内側に触れないように注意しましょう”(-“”-)”

また、咳エチケットも大切。
油断して、手で口や鼻を覆い、咳やくしゃみをしていませんか?


咳エチケットは
①ティッシュやハンカチで口や鼻を覆う
②上着の内側や袖で覆う
③マスクを着用する

これが基本です(イッツ フォーマルエチケット‼)

マスクは濡れると通気性が悪くなり、すき間からウイルスが入ることがあるそうなので、取り換えることをおすすめします。
こまめな手洗いと水分補給も大切です!

手洗いもとっても重要ですね。
帰宅したとき、食べ物を食べるとき、料理をするとき、動物をさわったときには、必ず洗いましょう!

洗い方の基本は、水で手を濡らしたら手洗い石けんをつけ、良く泡立てます。そこから手のひらと甲/指の間/爪や指先などを洗います。
各5回を目安にすると、キレイに洗うことができますよ。水でよくすすいだら、清潔なタオルやペーパータオルで拭きましょう。

ちなみに、冬の乾燥や手の洗いすぎで手も乾燥しがちに。ハンドクリームは、乾燥してからではなく、普段からこまめにつけることで、乾燥防止につながります。

おすすめのつけ方は

①手の甲に適量を出す 
②手の甲同士をすり合わせて全体になじませる
③残りのクリームを手の甲と手のひらですり合わせ、さらに全体になじませる 
④手のひらで反対の手指1本1本を包むようにして指先まで塗りこみ、指の股や爪まわりも意識して塗る

ほかに、喉を適度に潤してウイルスなどをスムーズに体外に排出できるよう、こまめに水分補給をすることもおすすめします。

ダイヤモンド型と立体型。どちらも口まわりに適度なゆとりがあり、見た目もすっきり。色も豊富でファッションアイテムの1つとしても人気です♪

手洗いは、親指や手首もお忘れなく! 優しくねじるように洗うと良いですよ♪

室内環境も大切! 湿度は50~60%がおすすめ。適度な換気もお忘れなく!

さあ、自由な未来へ。

BLOG一覧へ戻る PREV NEXT
TOP > BLOG > 【くらしのコラム】冬を快適に!! vol.2